新着情報

お葬式・法事で失敗しない服装・小物のマナーについて



親しくしていた方、会社の取引先の方あるいは親戚で親しくされた方などの訃報は、ある日、突然舞い込んできます。

不幸にして亡くなられた方を悼むお気持ちが何よりも大切ですが、一方、お葬式や法事の失敗は、後々響きます。

ですから、お葬式や法事で失敗しない服装やマナーを事前に知っておくことが肝要で、何よりも慌てないよう、日々心がけたいものです。

今回は、これらのマナーについて詳しく解説いたします。


1. 通夜での服装・小物

参列者の中には遅れて訃報を知ったケースも当然ございます。

そこで参列者の方に限って通夜についての説明いたします。

通夜は急いでかけつけますから、当然準備もままなりません。

そこで男性の方に限って言えば、まず最低限、ダークスーツで黒いネクタイだけは用意して下さい。

女性の方は、地味な色のスーツ、ワンピースでご参列下さい。

しかし、急でない限りあるいは早めに訃報を知ったケースでは、なるべくなら、下記にありますような「葬儀・告別式の服装・小物」で詳細に述べるような服装や小物をご用意された方が望ましいです。

2. 葬儀・告別式の服装・小物

男性の場合:黒い喪服スーツ、黒いネクタイ、黒い靴下 真っ白のワイシャツの準備を

ブラックスーツと言われる黒い喪服スーツ、黒いネクタイ、黒い靴下の服装が望ましいです。

特に男性の場合、黒いネクタイはいつでもご用意されている方が多いのですが、意外と気がつかないのが黒い靴下です。

黒の喪服スーツについても、体型が変わって、場合によって着られないこともあります。

時々、喪服スーツが着ることが出来るか、そして黒い靴下があるかをご確認して下さい。

ワイシャツは基本、真っ白なもので、アイロンをしっかりとかけたものをご用意下さい。

最近のワイシャツは昔と異なり、様々なアクセントのあるワイシャツも増えましたが、葬儀ではNGです。

中にはよれよれのワイシャツでご参列される方もおりますが、もちろんこれは望ましくありません。

靴下の他、意外と気がつかないことが、ベルトです。

カジュアル系のお仕事が多い方に時として見受けられますが、何の気になしにベルトを見られることも多く、中にはカジュアル系のベルトをなさっている方もおります。

黒いシンプルなベルトを1つご用意下さい。

女性の場合:意外と忘れやすいのは黒いストッキングと靴下

女性であれば、喪主であっても昔は和服が主流でしたが最近では洋服の例も増えています。

洋装の場合、色は黒のみで、ワンピーススーツ、アンサンブルなどで、夏でも袖を長くし、スカート丈はひざ下からくるぶしまでと、肌の露出を極端に控え、アクセサリー類を外すのが一般的です。

ここで注意が必要なのは、黒いストッキングや靴下は予備の用意を日々忘れないで欲しいことです。

女性であれば、ノーメイクであるべきという方もおりますが、むしろ派手ではないフォーマルなメイクを心がけるべきです。

ですから、当然、アイシャドー、チーク、リップグロスなどはNGです。派手なネイルをしていれば落とす必要があります。

あくまで自然な肌合いに見えるメイクを心がけて下さい。

結婚指輪や真珠のアクセサリーはOKですが、それ以外のアクセサリーはお控えて下さい。

もう1つの注意は、皮製品のハンドバッグは、殺生を連想させるため、厳禁で日々布製品のものを用意していくことがベストです。

また、通常のハンドバッグの中には飾りをたてるものもあり、これも葬儀用には向いておりません。

葬儀用の布製品で飾りのないハンドバッグを1つ必ず用意することが肝要です。

また、高いヒールを履いている方も中にはいらっしゃるかも知れませんが、葬儀は化粧の場ではありませんから、低いヒールを用意していく必要もあります。

男女関係ないケース:染めた髪で出席するのは厳禁

これは男性・女性関係なく、髪の毛を派手に染めている方もおりますが、これはいつの時代でも関係なく、染めを落とし、通常の黒髪に戻すべきです。

特に地方であれば、人の口に戸は立てられませんので、長々と伝えられ、その家の評判を落とすことになります。

髪を染めるケースは若いお子さんに多いかも知れませんが、親御さんがしっかりと染めを落とすよう説得して下さい。

白いハンカチは便利なアイテム

夏に葬儀をやる場合、汗をかくことも多く、汗を拭くケースや辛いときには涙を流すこともあり、涙を拭くこともあります。

そんな時に便利なアイテムは、白いハンカチです。白く無色のハンカチも常備した方が良いでしょう。

3.法事での服装・小物編

法事に出席する際、一番ふさわしい服装は、色は黒で、 男性であればスーツ、女性であればスーツかワンピースが一般的です。

男性であれば葬式と同様に、ワイシャツは真っ白なもの、ネクタイ、靴下、ベルト、革靴は全て黒を着用します。

女性も夏であっても肌の露出を避け、黒いスーツ、もしくはワンピース、黒いストッキング、靴も黒で統一下さい。

バックも黒、アクセサリーは結婚指輪と真珠のもの以外はお控え下さい。

お葬式よりも決して厳格ではありませんが服装・小物については男女とも葬式に準じたカタチでご参列されるのが望ましいでしょう。

相談無料

広島県 福山市民葬儀相談センター

24時間365日メール受付
084-973-9762受付時間10:00~17:00
相談無料

熊本県 熊本市民葬儀相談センター

24時間365日メール受付
0120-448-644受付時間10:00~17:00
相談無料

広島県 広島市民葬儀相談センター

24時間365日メール受付
0120-004-225受付時間10:00~17:00
相談無料

島根県 松江市民葬儀相談センター

24時間365日メール受付
0120-419-475受付時間10:00~17:00